蒲焼きと檸檬と娘のサロン

「頑張らないうつヌケ」をモットーに。だる~く、ゆる~く、時にはタイトにチートに。

お金の話は好きですか?⑥

どうも!

 

昨日は1500字くらい記事の執筆が進んでいたのであるが、なんらかの原因で(いやたぶん私のミス)そいつが消えてしまいふて寝してしまったのであった、うんこ。

 

f:id:shirosuke0214-pr-tomo:20201008155728j:plain


昨日、今就活進行中の会社の一つに直接面談する前段で、派遣登録をしに派遣先へ顔を出しに行ったのだが…。

 

図らずも、その段階でほぼほぼ採用の流れが確定していたらしく、今日の昼に派遣先から連絡を受けるはずが昨日の夕方速攻で連絡があり、いきなり明日行くはずだった派遣元への面接が今日に繰り上がったのだった。

 

おやおや、もしや人の入れ替わりの激しいブラックちゃまかな?と勘ぐったがどうやらそうではなく、応募者は結構殺到している人気企業な模様で、なんかそれでもぐいぐい来てたから正直「?」って感じでまた派遣先に今日顔を出す。

 

「いや、先方へ行ったら余程の致命的なミスなどがない限りは採用の流れになるかと…。」

 

とのたまった上で、

 

「今日の段階で、契約を締結する流れになるかと思います。」

 

と言ふ。

 

待て待て待て待て。何ゆえにそんなにがっつくねん。

 

求人サイト経由で申し込んだのは家庭教師の派遣会社で、サイトの構造上半分乗せられて応募した会社2社がぐいぐい来てて、家庭教師の会社はメ―ルでの返答をくれることになってるんだけど、今日とかも休みだし向こうは向こうの都合があるしって流れなのだが…。

 

今そう言う状況なので、とちょいと派遣先との面談の段階で丁重にお断りしてきたのであった。

 

「一体なんだったったんだ、7days」

 

ってフレ―ズの曲、ありませんでしたっけ?バ―ビ―ボ―イズとかだったべか。なつかし―。

 

結構こう言うのって、下手すりゃ背信にもなる訳で私は私でそれなりに重たくは考えているのであるが、まあ派遣先の会社さんにも随分頭を下げられもしたし別に引きずってはいないのだがう~ん。

 

いやはっきりそっちの会社さんはリスクヘッジで、などとは口が避けても言えないしう~んう~ん。

 

まあ、大卒の時の就活の時もこう言うのはあったんだけどさ。何事も経験ではある。ちなみに、本日6時からもまた面接でごぜ―ます。

 

さてさて、愚痴はこんなものでええ。

 

f:id:shirosuke0214-pr-tomo:20201008160154j:plain

またお金の話をしたかったのである。

 

ちなみに、当初は「問題(提起)編」のストックをある程度作ってから「解答(実践)編」に移ろうと思っていたのであるが、どうしても前者は能書きが多くなるであろうからこれらを交互に更新して行こうと思ったのであった。
 

 

shirosuke0214-pr-tomo.hatenablog.com

 

 

実践編。はて。(おいおい)

 

いや、基本的には引き続き「お金のメンタルブロック」をメインに進めていきたいんだけど、このご時世を反映して副業であるとか財テクであるとかの話も少しはした方がいいのかな、などと考えた。

 

仮にもお金を扱う仕事を随分長いことやってきた身ではあるが、具体的なビジネスや起業などに繋がる話は私自身がまだまだ勉強中である。

 

んじゃブロック行こう。

 

さて、お金や豊かさを阻むブロックは形態としては色んなのがある。それは「問題編」で語る。

 

実践に落とし込むとしたら、効果の高い順に項目を列挙すると下記の通りとなる。

 

1.お金持ちや運のいい人との縁を築く

 

2.対人ではない有料のワ―クに取り組む(無料のものも効果はあるが、大体は有料のプログラムへのルートとなっており、受講後それに申し込んだ方がよい。ただし、中にはゴミみたいな価値しかないものを売り出している人もいるのが世の常ではある)

 

3.本でお金の知識を学んだり、書いてあるイメージワ―クや筆記ワ―クなどに取り組んだりする。You tubeにも結構内容の濃いものも多い

 

なお、コスパは度外視しておりますw。

 

さて、通常はなんかかんか複合的なブロックを抱えている人が多く、「お金」の分野ではない別の負の事情が行動を阻む場合がある。

 

健康面で問題を抱えていたり、家庭に問題があったりとかのなんらかの心配事がブレーキになっているケ―スだ。

 

だが、次のような例はどうだろう?

 

例えばなんらかの理由でニ―トだったり、非正規の社員であったりフリータ―であったりとかで、もうその日暮しで精一杯、貯金もゼロとかだったら解消すべき「因果」のレベルの貧困かもしれないが、ブラック企業に勤めてて、日々残業や休日出勤は当たり前。

 

んでもって、仕事の後もアホな上司に呑みに連れ回され、職場の延長で上司の太鼓持ちをし、上司の武勇伝とか説教を延々聞いたり時には恫喝やパワハラ紛いのことを呑みの席でもされたりする。

 

こんな感じで労働環境や人間関係が劣悪でも高給であるとかの大企業ならまだいい。もちっとテンプレの、分かりやすい薄給の奴隷をこき使うようなブラック企業

 

こう言うのはお金と人間関係のメンタルブロックをごっつく抱えているとは言えるが、いつまでそう言うバカ共と付き合ってるの?ってのは正直思う。いや、経験者だから余計にさ。

 

例えば私がいたブラック企業だけど、今だったらコンプラ違反で速攻アウトなんだろうが、まだ「ブラック企業」と言う言葉自体がなかった2010年くらいのことであったから規制も、ネットでの晒しも少なかった時代のこと。いや、色々ヤバかったw。

 

私は入って2日くらいでヤバいとこだと思ったのですぐに心に線を引いたんだけど、それでも脱出資金を貯めるまで3年かかったので人様のことはとやかくは言えないんだけどさ。

 

給料はなんだかんだ理由をつけて払わないのは茶飯事、いじめや恫喝、説教部屋での説教、厳しいノルマ、パワハラ上司やサイコパス上司、マインスイーパ上司(※部下に責任を被せ、取引先や顧客の所に謝りに行かせ、帰ってみたらPCの「マインスイーパ」をヒマつぶしにやってたので私があだ名をつけた)などなどヤバい経営者、管理職ばっかり。つうか、半分カタギではない感じだった。

 

私はサルかゴリラなんかが徘徊している人間動物園みたいな感じで観察を楽しみ、勿論仕事の後の呑みになど一切付き合わなかったのだが、同僚に聞くと目がイッた感じの上司に胸ぐらを掴まれたり、髪の毛を掴んで揺さぶられたりしていたそうなので、まあ今だったらヤバいことになっているであろう。SNSで拡散されたらアウトだ。

 

まあ、今はないんだけどさその会社w。

 

悪いがこう言う所にどっぷり浸かり、なおかつ仕事の後までアホな経営者や上司のオナニ―に付き合う方も付き合う方だ。

 

確かに洗脳教育を受けて視野狭窄に陥っているのは分かる。だが人生を切り売りするどころか、切ったものをバ―ゲンで大安売りしているのと同じだ。目を覚ましてほしい。

 

f:id:shirosuke0214-pr-tomo:20201008161608j:plain


ドラレコ持ち込むもよし、辞表を顔面に叩きつけるもよし。たくましく生きてほしいと思うのだ。 

 

う~ん、どんどん話が逸れて行っていないだろうか。

 

ともあれ、だ。こう言う労働環境も人間関係も劣悪、かつ薄給と言うあからさまなブラック企業でも、正社員ならお金を使うヒマがないから貯金は結構貯まってね?って話である。

 

ブラック企業の縁は間違いなく「悪縁」だ。「学び」としてそう言う期間が人生で起こりうることは分かるが、不幸に特別な意味がある、などと思っちゃいないだろうね?

 

「悪縁」は断ちきり、「良縁」を結ぼう。その為の交際費や旅費、コ―チングやコンサルなどを受けるのならそれに割く貯金はないだろうか、ってとこをまずは検証してほしい。

 

お金持ちや運のいい人と縁を結べったって、そんな決断力や行動力、人間力もない。ないない尽くしだ、って自己否定モ―ドに陥っている人もいらっしゃるかもしれないが、いやまずは冷静に、その失敗を恐れて行動しないのと、今の最悪の人間関係をはかりにかけてほしい。 

 

確かに、お金持ちとか成功者、みたいなすごい人にいきなり面会を申し込んでも一蹴されるようなこともあるかもしれないが、そう言う人は一人しかいない訳じゃないし、必ず良き縁は築けると今ならはっきり言える。

 

ホリエモンにボランティアを申し込んだブラック企業の出身者がいると言う。結果起業にこぎ着けたのだが、ホリエモンと一緒にいた時もず~っと罵倒され続けていたらしい。

 

私は彼に会ったことはなくけして嫌いでもないのだが、確かにちょいとクセのある人物だろうなあ、と言う印象はある。

 

そう言うんじゃなく(いや、そう言うスパルタがいいんです、って人はいいが)、もちっとソフトな縁の築き方はある。

 

f:id:shirosuke0214-pr-tomo:20201008161801j:plain

テクニック的なものではない。もちっと本質の話である。

 

次回の「実践編」はそこら辺について。

 

う~ん、どうも過去のブラック企業の話になると興が乗ってしまうなw。いいんだか悪いんだか。では。/おしまい。


>切り株おやじ様(id:masuhiro6595)

 

 コメントありがとうございます。

 

お金はとても有難いものなのに、過去の経験から来る記憶の蓄積でネガティブな信念体系や思い込みを作り結果、豊かさを享受できないって方は日本人はとりわけ多く、勿体無いことだと思っています。そこの誤解を、私のできる範囲でなるべくほどいて行きたいですね。